クローラーに認識されるコンテンツ制作のポイントは?

せっかくユーザー満足を満たす優良なコンテンツを作っても、それが検索エンジンのクローラーに正しく認識されなければ意味がありません。 このコラムでは、コンテンツの内容を検索エンジンのクローラーに正しく伝え、正当な評価を受ける...

勝てるサイトのキーワード選定ポイント

ネクストSEOの対策プランは対策キーワード数無制限。ピックアップしたキーワードの中から、予算に合わせて取捨選択する必要はありません。 全ての効果的なキーワードを網羅して、ライバルに勝てるウェブサイトに育てましょう。 この...

検索エンジンで上位表示を獲得するための7つのチェックポイント

7つのSEOチェックポイント

ウェブサイトを立ち上げても検索結果の上位に表示されなければユーザーの目に触れる機会はほとんど訪れず、成果は上がりません。
この記事は検索結果の上位表示を実現するために行うべき7つのチェックポイントについてまとめたものです。

ライバルに勝てるキーワードを設定できていますか?

SEO対策は、ウェブサイトを磨いていけば必ず成果が出るものではありません。
例えば、開設間もないウェブサイトが大企業が熾烈な競争を繰り広げているキーワードで勝つのは困難です。

正しい対策の方向性を持って頑張っても、選んでいるキーワードが悪ければ成果が上がりませんので、まずはキーワードの競合チェックから始めましょう。

Check! 対策キーワード数無制限のSEO対策もご覧ください。

構造に合わせたキーワード設定ができていますか?

ウェブサイトの中でも、階層の高いページや内部リンクの集まりやすいページなど、SEO対策が効きやすいページと、階層の深いページなど、それが効きにくいページがあります。

競合性が高く勝つのが大変なキーワードをSEO対策が効きやすいページに配置し、競合性が低く比較的容易に勝てるキーワードは対策が効きにくいページに配置することが、上位表示させるためには大切です。

外部サービスを上手く利用できていますか?

現在でも外部からのリンク効果は確実にあります。
そのため、どんなに良いコンテンツを作り、正しい対策を行ったとしても、競合サイトが同程度の対策を行っている上に外部リンクも獲得しているとしたら、検索順位で勝ることは難しいかも知れません。

その対策として、ブログやSNSなどの外部サービスを利用し、上手く情報を拡散することで、外部リンクを集めることも重要です。

表示が速く、軽いウェブサイトになっていますか?

検索エンジンでの順位決定要素には、対象ページの表示速度も関係しています。
表示に時間がかかり重いページはユーザーにストレスを与えることになりますので、googleでも軽く、ユーザーにストレスを与えないウェブサイト作りを推奨しています。

スマートフォンやタブレットなど、無線接続を前提としたユーザーの増加傾向を考えると、表示速度が検索順位決定要素として着目される比率はますます高まっていくものと予測されます。

また、比率が大きくなってきているモバイルユーザーにとって、表示が重いページは敬遠される傾向が特に顕著に見られるため、閲覧時の直帰率やPV、滞在時間などが悪化し、順位決定にも悪影響を及ぼします。

URLは正規化されていますか?

ウェブサイトには、1つのページに対して複数のURLがあります。
例えば当サイトでは、トップページに下記の8つのURLが存在しています。

https://next-seo.jp/
https://www.next-seo.jp/
https://next-seo.jp/index.php
https://www.next-seo.jp/index.php
https://next-seo.jp/
https://www.next-seo.jp/
https://next-seo.jp/index.php
https://www.next-seo.jp/index.php

検索エンジンはこれらのURLを別ページとして認識しますので、このように同一コンテンツが複数のURLで存在すると、重複コンテンツとして評価を下げられたり、正規のURLがインデックスされなかったり、といった問題が生じる可能性があります。
また、外部からリンクを張られる際、張り先のURLがそれぞれのURLに分散されてしまいますので、そのリンク効果も分散してしまいます。

このような弊害を回避するため、これら複数のURLを1つのURLに統一する必要があります。
これをURLの正規化といいます。
URLの正規化は、もっとも使って欲しい正規のURLをしっかりとインデックスさせ、正しく評価されるようにするとともに、外部リンクを集中させ、より高いSEO効果を実現します。

適切なスマートフォン対応ができていますか?

Googleは、Mobile First Index(モバイル ファースト インデックス 以下MFIと表記)の導入を正式にアナウンスしています。
MFIでは、PC向けページではなく、モバイル向けページの評価に基づいてランキングが決定されます。つまり、モバイル向けページがプライマリ(主)となり、これまで主となっていたPC向けページがセカンダリ(副)となります。
検索に関するすべての情報とシグナルにモバイル向けページが利用されるようになる模様です。

実施時期などは未定で、現時点では影響範囲も明確ではありませんが、今後はモバイルフレンドリー非対応のサイトや、PCサイトとモバイルサイトでコンテンツが異なる(モバイル版では簡易コンテンツのみを展開しているケースなど)サイトでの順位変動が予測されますので、できていない場合には早急な対応が必要です。

正しいマークアップができていますか?

いかに質の高いコンテンツを掲載しても、それが検索エンジンに正しく効率的に伝えられなければ、評価の向上は期待できません。
「正しく効率的に」伝えるためには、正しいマークアップが重要です。

過去には、検索エンジンを欺くためのマークアップ方法を採用するSEO業者もありましたが、少なくとも今後は、正しいマークアップで検索エンジンに正しく効率的に伝えることが重要になります。

 

いかがでしょうか?
チェックすべき7つのポイントを簡単に列挙しましたが、それぞれの項目の詳細や具体的なやり方につきまして、順次解説していきたいと思います。

定額ベースプランのサービスの流れ

定額制SEO サービスの流れ

お申し込み

お問い合わせ・お申し込みフォームより、ご希望のプランをご選択の上お申し込みください。お申込内容を確認の上、最大2営業日以内にご返信させていただきます。

プラン内容の確認とご要望のヒアリング

お申し込みいただいたプランの内容について、疑問点などがありましたら遠慮なく仰ってください。また、ご要望事項につきましても出来る限りご意向に沿う形で対応いたしますので、遠慮なくお申し付けください。

対策費用のご入金

月額費用×対策期間分の費用を前納にてご入金ください。
ご入金の確認をもってご契約開始となります。

対策開始

ご入金が確認できましたら、翌営業日より、対策を開始いたします。

対策開始後のスケジュール

  • 内部最適化ご提案書(指示書)ご送付:開始より5営業日前後
  • コンテンツ分析と修正ご提案書(指示書)ご送付:開始より5営業日前後
  • 外部対策:
    プロモーション設計・方針策定期間-開始より7営業日前後
    設計・方針策定完了の翌営業日より開始

オプションサービス要否のご判断

内部最適化ご提案書(指示書)、コンテンツ分析と修正ご提案書(指示書)に沿った修正・実装は、成功を得るために欠かせないものです。
修正事項の実装やコンテンツの作成は弊社で承ることも可能ですので、自社での対応が困難な場合はそれぞれのオプションサービスをご利用ください。

ご報告と改善ご提案

毎月月初に、前月の成果報告(順位推移のご報告)をお送りいたします。
また状況に応じて、必要な追加改善案を策定しお送りいたします。

定額プラン(ネクスト15)のサービスの流れ

ネクスト15 サービスの流れ

お申し込み

お問い合わせ・お申し込みフォームより、ご希望のプランをご選択の上お申し込みください。お申込内容を確認の上、最大2営業日以内にご返信させていただきます。

プラン内容の確認とご要望のヒアリング

お申し込みいただいたプランの内容について、疑問点などがありましたら遠慮なく仰ってください。また、ご要望事項につきましても出来る限りご意向に沿う形で対応いたしますので、遠慮なくお申し付けください。

当サービスは費用を抑えながら、あらゆるキーワードでの検索流入の最大化を図るため、従来のSEO対策にはなかった視点での成果基準を採用しています。
リスティング広告の出稿経験がなく、従来型のSEO対策サービス(特定のキーワードに対しての対策)を利用してこられたお客様にはイメージし辛いかも知れません。
この機会に、当サービスの成果基準がいかに合理的で費用対効果に優れているかをご理解いただければと思います。

 

対策費用のご入金

月額費用×対策期間分の費用を前納にてご入金ください。
ご入金の確認をもってご契約開始となります。

対策開始

ご入金が確認できましたら、翌営業日より、対策を開始いたします。

対策開始後のスケジュール

  • 適正キーワード(対策ワード)抽出:開始より5営業日前後
  • 内部最適化ご提案書(指示書)ご送付:開始より5営業日前後
  • コンテンツ分析と修正ご提案書(指示書)ご送付:開始より5営業日前後
  • 外部対策:
    プロモーション設計・方針策定期間-開始より7営業日前後
    設計・方針策定完了の翌営業日より開始

オプションサービス要否のご判断

内部最適化ご提案書(指示書)、コンテンツ分析と修正ご提案書(指示書)に沿った修正・実装は、成功を得るために欠かせないものです。
修正事項の実装やコンテンツの作成は弊社で承ることも可能ですので、自社での対応が困難な場合はそれぞれのオプションサービスをご利用ください。

また、当サービスをご利用のお客様へ、コンサルティングサービスも承っております。
毎月、アナリティクスデータから得られる効果検証と状況分析、問題点の抽出と改善案のご提示を対面にて実施します。
検証・改善を繰り返しPDCAを回していくことで、常により高い効果が見込まれるサイト運営をサポートいたします。

ご報告と改善ご提案

毎月月初に、前月の成果報告(UU流入状況のご報告)をお送りいたします。
また状況に応じて、必要な追加改善案を策定しお送りいたします。

成果報酬プランのサービスの流れ

成果報酬SEO サービスの流れ

お申し込み

お問い合わせ・お申し込みフォームより、ご希望のプランをご選択の上お申し込みください。お申込内容を確認の上、最大2営業日以内にご返信させていただきます。

プラン内容の確認とご要望のヒアリング

お申し込みいただいたプランの内容について、疑問点などがありましたら遠慮なく仰ってください。また、ご要望事項につきましても出来る限りご意向に沿う形で対応いたしますので、遠慮なくお申し付けください。

当サービスは費用を抑えながら、あらゆるキーワードでの検索流入の最大化を図るため、従来のSEO対策にはなかった視点での成果基準を採用しています。
リスティング広告の出稿経験がなく、従来型のSEO対策サービス(特定のキーワードに対しての対策)を利用してこられたお客様にはイメージし辛いかも知れません。
この機会に、当サービスの成果基準がいかに合理的で費用対効果に優れているかをご理解いただければと思います。

課金ベースとなる基準値の算出(ご提案と決定)

googleアナリティクスを共有(「表示と分析」権限で弊社アカウントを追加してください。これは必須事項です)いただき、直近3ヶ月間の月間平均UU(ユニークユーザー)数を算出いたします。
算出された月間平均UUを課金の基準値とします(例:基準値が3,000UUの場合、3,001UU以降が課金対象となります)。
取り扱い商品やサービスに繁忙期と閑散期がある場合にはお申し付けください。
ご事情を考慮の上、算出対象期間を見直し、再提案いたします。

ご契約の締結

双方で同意した決定事項に基いて、弊社にて業務委託契約書を作成し、書面にて契約を締結いたします。

デポジット(保証金)のご入金 *新規のお客様のみ

弊社が提供しております他サービスを含め、弊社とのお取引が初めてのお客様に限り、デポジット(保証金)として30,000円を預託いただきます。

対策開始

ご契約の締結が完了し、デポジットのご入金(新規お取引のお客様のみ)が確認できましたら、翌営業日より、対策を開始いたします。

対策開始後のスケジュール

  • 適正キーワード(対策ワード)抽出:開始より5営業日前後
  • 内部最適化ご提案書(指示書)ご送付:開始より5営業日前後
  • コンテンツ分析と修正ご提案書(指示書)ご送付:開始より5営業日前後
  • 外部対策:
    プロモーション設計・方針策定期間-開始より7営業日前後
    設計・方針策定完了の翌営業日より開始

オプションサービス要否のご判断

内部最適化ご提案書(指示書)、コンテンツ分析と修正ご提案書(指示書)に沿った修正・実装は、成功を得るために欠かせないものです。
修正事項の実装やコンテンツの作成は弊社で承ることも可能ですので、自社での対応が困難な場合はそれぞれのオプションサービスをご利用ください。

また、当サービスをご利用のお客様へ、コンサルティングサービスも承っております。
毎月、アナリティクスデータから得られる効果検証と状況分析、問題点の抽出と改善案のご提示を対面にて実施します。
検証・改善を繰り返しPDCAを回していくことで、常により高い効果が見込まれるサイト運営をサポートいたします。

ご報告と改善ご提案

毎月月初に、前月の成果報告(UU流入状況のご報告)と、成果に応じた報酬額のご請求書をお送りいたします。
また状況に応じて、必要な追加改善案を策定しお送りいたします。

2018年のSEO対策、そのポイントは?

2018年のSEOのポイント

2018年に本格化しそうなモバイルファーストインデックスやAMP対応、そして昨年も多くのウェブサイトで導入された常時SSL化によるプライバシー保護、表示速度の高速化もますます注目される要素となりそうです。
また、このようなテクニカルな要素に対する対応ももちろん重要ですが、原点となるコンテンツに対する考え方を根本的に見直す必要がありそうです。

ユーザー目線に立ったコンテンツの提供。これが原点!

2010年代前半までは、狙ったキーワードに合致するカテゴリーを持つサイトやブログから、正確なアンカーテキストで如何に多くのリンクを獲得するか、という点が競合サイトを超えるための有効な手段でした。

近年、このようなリンク要素にフォーカスしたSEO対策は影を潜めました。
リンク要素に着目した対策では成果を出し辛くなったこと、人工リンクの購入など、やり方によってはかえって大きなリスクを抱えることになること、そして何よりも、そのような観点で一時的に順位を上げても、期待したコンバージョンが得られないことが多くのウェブ担当者に認識されてきたことが大きな要因かも知れません。

2018年以降の検索順位では、冒頭で述べた「快適な表示速度」や「プライバシーの保護」といったテクニカルな部分を整えた上、潜在欲求も含めたユーザー満足を満たすサイトが上位を占める状況になることが予測されます。
総合的にユーザー体験に勝るサイトが検索エンジンからも高い評価を得る時代です。

特定ワードの順位至上主義からユーザー体験を意識した対策へ

多くのウェブ担当者は、実は特定ワードの順位チェックや被リンク調査、アルゴリズムの変化の分析が不毛な作業であることを感じていらっしゃるのでは?と思うことがあります。
もちろん、それらが全く不要であると述べるつもりはありません。
しかしながら、それらに費やす時間はあまりにも膨大で、一番大切なコンテンツ設計に十分な労力を向けられていないのでは?と感じます。

ユーザー満足度の高いサイトが検索上位を獲得し、膨大な検索流入を得て、それがコンバージョンに繋がるといった成功のロジックはもはや疑う余地がありません。
であれば、ウェブ担当者はユーザー目線に立ったコンテンツ設計と作成に最も注力を向けるべきと考えます。

とは言え…コンテンツに主眼を置く対策は時間がかかる

恐らく、多くのSEO業者は、ウェブ担当者のこのようなお悩みを把握されているのでは?と思います。
ユーザー目線に立ったコンテンツ設計を行ない、ユーザーが抱える問題の解決、ユーザーの欲求を満たすコンテンツを提供し続けることで、莫大な検索流入が得られること、期待したコンバージョンが得られることは理解している。だけど、一体いつになったら結果がでるの?…そんな切実なお悩みです。

弊社を含め、私たちSEO対策会社は長く、この問題を把握しながら適切な解決策を提供できずにいました。
ウェブ上で得られる情報や書籍を探しても、「ユーザー目線で高品質な記事を提供し続けることが大切」といった記述や、中にはその方法について分かりやすく学べるものも存在しますが、すぐには結果が得られない、そして、本当に良い方向に向かっているのか?…明確な結果の計測についての解決方法は今のところ見つけることができないようです。

早期に実感できることが大切…ネクストSEOのソリューション

「いつ結果が出るの?」この問いに対して、私たちは一つの根本的な事柄を形にできていなかったことに気付かされました。
そして、「SEO対策は新規顧客の獲得や売上向上を図る上での選択肢の一つであり、上位表示自体が目的ではない」という点に着目すべきと考えました。
ウェブ上で「新規顧客の獲得」「売上向上」に直結するのは検索流入が最も強い。そして、「一つのビッグワードより、具体性の高い複合ワード、ロングテールワードのほうがコンバージョンに繋がりやすい」のが実情であることを鑑みると、ビッグワードで10,000人の検索流入を図るより、複数の具体性の高い複合ワード、ロングテールワードで10,000人の検索流入を図るほうがコンバージョンに繋がりやすく、成果が上がり始めるまでの時間的観点でもアドバンテージが高いと言えます。

しかしながら、従来のワード毎に費用が発生するプランでビッグワードに匹敵する流入数を複合ワード、ロングテールワードで実現するには、費用対効果の面で現実的とは言えません。
そこで私たちは、課金対象を対策前の検索流入との差分のみに設定し、一つのサイトから抽出される全てのワードで対策を実施するサービスに改訂しました。

ロングテールワードの対策で早期からの検索流入増を実感いただきながら、段階的にミドルワード、ビッグワードの対策を併せて実施し、中・長期的に大きな検索流入増を図ります。