2018年のSEO対策、そのポイントは?

2018年のSEOのポイント

2018年に本格化しそうなモバイルファーストインデックスやAMP対応、そして昨年も多くのウェブサイトで導入された常時SSL化によるプライバシー保護、表示速度の高速化もますます注目される要素となりそうです。
また、このようなテクニカルな要素に対する対応ももちろん重要ですが、原点となるコンテンツに対する考え方を根本的に見直す必要がありそうです。

ユーザー目線に立ったコンテンツの提供。これが原点!

2010年代前半までは、狙ったキーワードに合致するカテゴリーを持つサイトやブログから、正確なアンカーテキストで如何に多くのリンクを獲得するか、という点が競合サイトを超えるための有効な手段でした。

近年、このようなリンク要素にフォーカスしたSEO対策は影を潜めました。
リンク要素に着目した対策では成果を出し辛くなったこと、人工リンクの購入など、やり方によってはかえって大きなリスクを抱えることになること、そして何よりも、そのような観点で一時的に順位を上げても、期待したコンバージョンが得られないことが多くのウェブ担当者に認識されてきたことが大きな要因かも知れません。

2018年以降の検索順位では、冒頭で述べた「快適な表示速度」や「プライバシーの保護」といったテクニカルな部分を整えた上、潜在欲求も含めたユーザー満足を満たすサイトが上位を占める状況になることが予測されます。
総合的にユーザー体験に勝るサイトが検索エンジンからも高い評価を得る時代です。

特定ワードの順位至上主義からユーザー体験を意識した対策へ

多くのウェブ担当者は、実は特定ワードの順位チェックや被リンク調査、アルゴリズムの変化の分析が不毛な作業であることを感じていらっしゃるのでは?と思うことがあります。
もちろん、それらが全く不要であると述べるつもりはありません。
しかしながら、それらに費やす時間はあまりにも膨大で、一番大切なコンテンツ設計に十分な労力を向けられていないのでは?と感じます。

ユーザー満足度の高いサイトが検索上位を獲得し、膨大な検索流入を得て、それがコンバージョンに繋がるといった成功のロジックはもはや疑う余地がありません。
であれば、ウェブ担当者はユーザー目線に立ったコンテンツ設計と作成に最も注力を向けるべきと考えます。

とは言え…コンテンツに主眼を置く対策は時間がかかる

恐らく、多くのSEO業者は、ウェブ担当者のこのようなお悩みを把握されているのでは?と思います。
ユーザー目線に立ったコンテンツ設計を行ない、ユーザーが抱える問題の解決、ユーザーの欲求を満たすコンテンツを提供し続けることで、莫大な検索流入が得られること、期待したコンバージョンが得られることは理解している。だけど、一体いつになったら結果がでるの?…そんな切実なお悩みです。

弊社を含め、私たちSEO対策会社は長く、この問題を把握しながら適切な解決策を提供できずにいました。
ウェブ上で得られる情報や書籍を探しても、「ユーザー目線で高品質な記事を提供し続けることが大切」といった記述や、中にはその方法について分かりやすく学べるものも存在しますが、すぐには結果が得られない、そして、本当に良い方向に向かっているのか?…明確な結果の計測についての解決方法は今のところ見つけることができないようです。

早期に実感できることが大切…ネクストSEOのソリューション

「いつ結果が出るの?」この問いに対して、私たちは一つの根本的な事柄を形にできていなかったことに気付かされました。
そして、「SEO対策は新規顧客の獲得や売上向上を図る上での選択肢の一つであり、上位表示自体が目的ではない」という点に着目すべきと考えました。
ウェブ上で「新規顧客の獲得」「売上向上」に直結するのは検索流入が最も強い。そして、「一つのビッグワードより、具体性の高い複合ワード、ロングテールワードのほうがコンバージョンに繋がりやすい」のが実情であることを鑑みると、ビッグワードで10,000人の検索流入を図るより、複数の具体性の高い複合ワード、ロングテールワードで10,000人の検索流入を図るほうがコンバージョンに繋がりやすく、成果が上がり始めるまでの時間的観点でもアドバンテージが高いと言えます。

しかしながら、従来のワード毎に費用が発生するプランでビッグワードに匹敵する流入数を複合ワード、ロングテールワードで実現するには、費用対効果の面で現実的とは言えません。
そこで私たちは、課金対象を対策前の検索流入との差分のみに設定し、一つのサイトから抽出される全てのワードで対策を実施するサービスに改訂しました。

ロングテールワードの対策で早期からの検索流入増を実感いただきながら、段階的にミドルワード、ビッグワードの対策を併せて実施し、中・長期的に大きな検索流入増を図ります。

外部対策

SEO 外部対策

検索エンジンにおける順位変動を見ていると、最近よく目にする一つの傾向があります。
それは「増強型コンテンツを導入したサイト」と、そうでないサイトの格差です。

ここ最近、商用サイトの変化として、コラム等のコンテンツを増強するといった動きが見られるようになりました。このため、一部の商用サイトは新たに「情報サイトとしての価値」を生み出し、ユーザーの閲覧時間(滞在時間)を伸ばすことに成功しています。
この結果「コンテンツを持つ商用サイト」が検索エンジンでの上位表示までも獲得してしまう、といった事例が増えています。

なぜ、商用サイトにコラムを増やしただけで上位表示されたのか?
これは、今や上位表示には欠かせない要素となった「ユーザーにとってのコンテンツ価値」を、流入ユーザーの「閲覧時間」「ページ遷移」「直帰率」などのデータから判断し、それがアルゴリズムに組み込まれた結果であることに他なりません。

  • 閲覧時間
  • ページ遷移
  • 直帰率

この3つで数値が優秀なサイトは、自然とユーザーの言及率も高くなります。つまり「ユーザーによる口コミの広がり」や「ユーザーによる自発的なリンク」といったことが増えやすくなると言えます。

この事象を検索エンジン側から見てみましょう。

自社サイトでユーザーの言及率が高くなれば、外部リンクの存在が自然視され、それが効果的・効率的に作用します。逆のケースでは「外部リンクの存在が疑問視される」といったロジックにより、外部リンクの評価に影響しているものと考えられます。
ここで言うロジックとは、以下のような図式です。
直帰率が高い、閲覧時間が短い ≒ ユーザーにとって価値ある情報が少ないサイトを言及(リンク)するユーザー行動は自然発生的ではない。
つまり、十分なアクセスや滞在時間、ページ閲覧のないサイトへの被リンクが増える、といった現象は「作為的な人工リンク」でもない限りあり得ないのです。

もちろん現在でも「被リンクの評価」はSEO対策における重大要素の一つ。しかしこのようなアルゴリズムの変化により「被リンク効果」のみにフォーカスした従来の外部SEO対策では、上位表示が限定的なのも現実です。

SEO対策の成否は「自然リンクによる被リンク効果」と「アクセス流入後のユーザー行動」が鍵となります。

内部対策とコンテンツ対策を早期に活性化させるプロモーション

サイト規模、サイトテーマに応じた最適なプロモーションを実施し、ご提案に沿って改善いただいた内部対策、コンテンツ対策を早期に活性化させます。

ロングテールワードでの早期からの検索流入を図りながら、段階的にミドルワード、ビッグワードの対策をし、大きな検索流入が獲得できるよう努めます。

もちろん、googleのガイドラインを逸脱し人工リンクを供給するような、お客様のサイトが大きなリスクに晒される手法は一切行ないません。

Check! 内部チューニングの詳細は内部対策でご覧いただけます。

Check! コンテンツ改善の詳細はコンテンツ対策にてご覧いただけます。