検索エンジンで上位表示を獲得するための7つのチェックポイント

7つのSEOチェックポイント

ウェブサイトを立ち上げても検索結果の上位に表示されなければユーザーの目に触れる機会はほとんど訪れず、成果は上がりません。
この記事は検索結果の上位表示を実現するために行うべき7つのチェックポイントについてまとめたものです。

ライバルに勝てるキーワードを設定できていますか?

SEO対策は、ウェブサイトを磨いていけば必ず成果が出るものではありません。
例えば、開設間もないウェブサイトが大企業が熾烈な競争を繰り広げているキーワードで勝つのは困難です。

正しい対策の方向性を持って頑張っても、選んでいるキーワードが悪ければ成果が上がりませんので、まずはキーワードの競合チェックから始めましょう。

Check! 対策キーワード数無制限のSEO対策もご覧ください。

構造に合わせたキーワード設定ができていますか?

ウェブサイトの中でも、階層の高いページや内部リンクの集まりやすいページなど、SEO対策が効きやすいページと、階層の深いページなど、それが効きにくいページがあります。

競合性が高く勝つのが大変なキーワードをSEO対策が効きやすいページに配置し、競合性が低く比較的容易に勝てるキーワードは対策が効きにくいページに配置することが、上位表示させるためには大切です。

外部サービスを上手く利用できていますか?

現在でも外部からのリンク効果は確実にあります。
そのため、どんなに良いコンテンツを作り、正しい対策を行ったとしても、競合サイトが同程度の対策を行っている上に外部リンクも獲得しているとしたら、検索順位で勝ることは難しいかも知れません。

その対策として、ブログやSNSなどの外部サービスを利用し、上手く情報を拡散することで、外部リンクを集めることも重要です。

表示が速く、軽いウェブサイトになっていますか?

検索エンジンでの順位決定要素には、対象ページの表示速度も関係しています。
表示に時間がかかり重いページはユーザーにストレスを与えることになりますので、googleでも軽く、ユーザーにストレスを与えないウェブサイト作りを推奨しています。

スマートフォンやタブレットなど、無線接続を前提としたユーザーの増加傾向を考えると、表示速度が検索順位決定要素として着目される比率はますます高まっていくものと予測されます。

また、比率が大きくなってきているモバイルユーザーにとって、表示が重いページは敬遠される傾向が特に顕著に見られるため、閲覧時の直帰率やPV、滞在時間などが悪化し、順位決定にも悪影響を及ぼします。

URLは正規化されていますか?

ウェブサイトには、1つのページに対して複数のURLがあります。
例えば当サイトでは、トップページに下記の8つのURLが存在しています。

https://next-seo.jp/
https://www.next-seo.jp/
https://next-seo.jp/index.php
https://www.next-seo.jp/index.php
https://next-seo.jp/
https://www.next-seo.jp/
https://next-seo.jp/index.php
https://www.next-seo.jp/index.php

検索エンジンはこれらのURLを別ページとして認識しますので、このように同一コンテンツが複数のURLで存在すると、重複コンテンツとして評価を下げられたり、正規のURLがインデックスされなかったり、といった問題が生じる可能性があります。
また、外部からリンクを張られる際、張り先のURLがそれぞれのURLに分散されてしまいますので、そのリンク効果も分散してしまいます。

このような弊害を回避するため、これら複数のURLを1つのURLに統一する必要があります。
これをURLの正規化といいます。
URLの正規化は、もっとも使って欲しい正規のURLをしっかりとインデックスさせ、正しく評価されるようにするとともに、外部リンクを集中させ、より高いSEO効果を実現します。

適切なスマートフォン対応ができていますか?

Googleは、Mobile First Index(モバイル ファースト インデックス 以下MFIと表記)の導入を正式にアナウンスしています。
MFIでは、PC向けページではなく、モバイル向けページの評価に基づいてランキングが決定されます。つまり、モバイル向けページがプライマリ(主)となり、これまで主となっていたPC向けページがセカンダリ(副)となります。
検索に関するすべての情報とシグナルにモバイル向けページが利用されるようになる模様です。

実施時期などは未定で、現時点では影響範囲も明確ではありませんが、今後はモバイルフレンドリー非対応のサイトや、PCサイトとモバイルサイトでコンテンツが異なる(モバイル版では簡易コンテンツのみを展開しているケースなど)サイトでの順位変動が予測されますので、できていない場合には早急な対応が必要です。

正しいマークアップができていますか?

いかに質の高いコンテンツを掲載しても、それが検索エンジンに正しく効率的に伝えられなければ、評価の向上は期待できません。
「正しく効率的に」伝えるためには、正しいマークアップが重要です。

過去には、検索エンジンを欺くためのマークアップ方法を採用するSEO業者もありましたが、少なくとも今後は、正しいマークアップで検索エンジンに正しく効率的に伝えることが重要になります。

 

いかがでしょうか?
チェックすべき7つのポイントを簡単に列挙しましたが、それぞれの項目の詳細や具体的なやり方につきまして、順次解説していきたいと思います。