2018年のSEO対策、そのポイントは?

2018年のSEOのポイント

2018年に本格化しそうなモバイルファーストインデックスやAMP対応、そして昨年も多くのウェブサイトで導入された常時SSL化によるプライバシー保護、表示速度の高速化もますます注目される要素となりそうです。
また、このようなテクニカルな要素に対する対応ももちろん重要ですが、原点となるコンテンツに対する考え方を根本的に見直す必要がありそうです。

ユーザー目線に立ったコンテンツの提供。これが原点!

2010年代前半までは、狙ったキーワードに合致するカテゴリーを持つサイトやブログから、正確なアンカーテキストで如何に多くのリンクを獲得するか、という点が競合サイトを超えるための有効な手段でした。

近年、このようなリンク要素にフォーカスしたSEO対策は影を潜めました。
リンク要素に着目した対策では成果を出し辛くなったこと、人工リンクの購入など、やり方によってはかえって大きなリスクを抱えることになること、そして何よりも、そのような観点で一時的に順位を上げても、期待したコンバージョンが得られないことが多くのウェブ担当者に認識されてきたことが大きな要因かも知れません。

2018年以降の検索順位では、冒頭で述べた「快適な表示速度」や「プライバシーの保護」といったテクニカルな部分を整えた上、潜在欲求も含めたユーザー満足を満たすサイトが上位を占める状況になることが予測されます。
総合的にユーザー体験に勝るサイトが検索エンジンからも高い評価を得る時代です。

特定ワードの順位至上主義からユーザー体験を意識した対策へ

多くのウェブ担当者は、実は特定ワードの順位チェックや被リンク調査、アルゴリズムの変化の分析が不毛な作業であることを感じていらっしゃるのでは?と思うことがあります。
もちろん、それらが全く不要であると述べるつもりはありません。
しかしながら、それらに費やす時間はあまりにも膨大で、一番大切なコンテンツ設計に十分な労力を向けられていないのでは?と感じます。

ユーザー満足度の高いサイトが検索上位を獲得し、膨大な検索流入を得て、それがコンバージョンに繋がるといった成功のロジックはもはや疑う余地がありません。
であれば、ウェブ担当者はユーザー目線に立ったコンテンツ設計と作成に最も注力を向けるべきと考えます。

とは言え…コンテンツに主眼を置く対策は時間がかかる

恐らく、多くのSEO業者は、ウェブ担当者のこのようなお悩みを把握されているのでは?と思います。
ユーザー目線に立ったコンテンツ設計を行ない、ユーザーが抱える問題の解決、ユーザーの欲求を満たすコンテンツを提供し続けることで、莫大な検索流入が得られること、期待したコンバージョンが得られることは理解している。だけど、一体いつになったら結果がでるの?…そんな切実なお悩みです。

弊社を含め、私たちSEO対策会社は長く、この問題を把握しながら適切な解決策を提供できずにいました。
ウェブ上で得られる情報や書籍を探しても、「ユーザー目線で高品質な記事を提供し続けることが大切」といった記述や、中にはその方法について分かりやすく学べるものも存在しますが、すぐには結果が得られない、そして、本当に良い方向に向かっているのか?…明確な結果の計測についての解決方法は今のところ見つけることができないようです。

早期に実感できることが大切…ネクストSEOのソリューション

「いつ結果が出るの?」この問いに対して、私たちは一つの根本的な事柄を形にできていなかったことに気付かされました。
そして、「SEO対策は新規顧客の獲得や売上向上を図る上での選択肢の一つであり、上位表示自体が目的ではない」という点に着目すべきと考えました。
ウェブ上で「新規顧客の獲得」「売上向上」に直結するのは検索流入が最も強い。そして、「一つのビッグワードより、具体性の高い複合ワード、ロングテールワードのほうがコンバージョンに繋がりやすい」のが実情であることを鑑みると、ビッグワードで10,000人の検索流入を図るより、複数の具体性の高い複合ワード、ロングテールワードで10,000人の検索流入を図るほうがコンバージョンに繋がりやすく、成果が上がり始めるまでの時間的観点でもアドバンテージが高いと言えます。

しかしながら、従来のワード毎に費用が発生するプランでビッグワードに匹敵する流入数を複合ワード、ロングテールワードで実現するには、費用対効果の面で現実的とは言えません。
そこで私たちは、課金対象を対策前の検索流入との差分のみに設定し、一つのサイトから抽出される全てのワードで対策を実施するサービスに改訂しました。

ロングテールワードの対策で早期からの検索流入増を実感いただきながら、段階的にミドルワード、ビッグワードの対策を併せて実施し、中・長期的に大きな検索流入増を図ります。

内部対策

SEO 内部対策

サイト構造の最適化やhtmlソースの最適化などの内部対策は、ユーザビリティー(ユーザーの利便性)向上の目的ばかりではなく、サイトテーマや各ページテーマを検索エンジンに正しく認識させるために不可欠な対策です。

どんなに価値のある情報を掲載しても、ユーザーにとって使い勝手の悪い導線になっていたり、ウェブサイト自体が検索エンジンに正しく認識される構造やソースになっていなければ評価を得ることは困難で、従って検索順位やコンバージョンの改善も見込めません。 ネクストSEOでは、下記の観点から、ユーザビリティーに配慮しコンテンツを検索エンジン(クローラー)に正しく認識させるための内部最適化の具体案ご提案いたします。

またご提案内容の実装が困難なお客様へは、弊社にての実施(費用別途)も可能です。

主要タグの記述チェックと修正

内部最適化の中でも、主要タグへの記載テキストはサイトテーマ、ページテーマを検索エンジンに伝える際の最重要要素です。

最も重要なtitleタグをはじめとして、meta descriptionタグ、hタグなどの各タグを最適化します。

主要タグのレイアウトチェックと修正

ロジックエラーのあるレイアウトは検索エンジンに対してのみならず、ユーザビリティーの面でも問題があります。

タイトル、見出し、本文などを一定のルールでロジカルに再配置します。

サイト構造のチェックと修正

メインコンテンツまでの物理的距離短縮やユーザー目線に立った導線改善、カテゴライズなど、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても視認性の良いサイト構造に改善します。

内部リンク構造のチェックと修正

内部リンクを適切に設置することで、ページテーマを検索エンジンに対して強調することができます。内部リンクは外部からのリンクと同様に重要な評価対象となっています。

バーティカルリンク(パンくずリスト)やディープリンク(サイトマップ・フッターリンク)のほか、ホリゾンタルリンク(相互リンク)も細部にわたってチェック・修正を行います。

追加コンテンツの内部設定も都度行います。

Check! コンテンツ改善の詳細はコンテンツ対策にてご覧いただけます。

発リンクのチェックと設定調整

サイト内からの発リンクもページテーマの強調という観点でサイト評価に関係します。

リンク先サイトのテーマとの整合性・関連性を精査し、アンカーテキストの修正や必要に応じたnofollow付与等の調整を行います。

クロール効率化の実施

ロボット用サイトマップの作成やクロールリクエストの実施に併せ、検索ロボットのクロール状況の改善はページテーマ認識を促進します。

ロボット用サイトマップの作成やクロールリクエスト実施と併せ「robots.txt」の記述内容チェックと調整を行います。

ページ表示速度の改善

ページの表示速度の改善はユーザーの離脱を回避しクローラーの効率的な巡回に貢献します。

画像の容量圧縮やCSS、Javascriptのファイル圧縮、Cookieの最適化を実施し、モバイルユーザーにも快適な閲覧環境を作ります。

スパム判定リスクの軽減

検索エンジンのガイドライン違反項目の有無や、上記項目以外に評価低下に繋がる可能性のある箇所の抽出と改善を行います。

モバイル対応

サイトテーマによっては全ユーザーの70%〜80%までがモバイルでのアクセスであるケースも少なくありません。
またGoogleは、Mobile First Index(モバイル ファースト インデックス 以下MFIと表記)の導入を正式にアナウンスしています。 MFIでは、PC向けページではなく、モバイル向けページの評価に基づいてランキングが決定されます。つまり、モバイル向けページがプライマリ(主)となり、これまで主となっていたPC向けページがセカンダリ(副)となります。 検索に関するすべての情報とシグナルにモバイル向けページが利用されるようになります。

今や必須となっているモバイルフレンドリーチェックと最適化を実施します。

対策ワード数無制限。費用はUU流入課金のみ。

SEO対策は新規顧客の獲得や売上向上を図る上での選択肢の一つであり、上位表示が目的ではありません。テクニックでコンテンツと整合性の低いキーワードで上位表示を果たせても、それがコンバージョンに繋がることはありません。

検索ユーザーはそれぞれの目的を持って貴社のサイトを訪れます。ユーザーが求めている情報を的確に伝え、さらに「求める」に至った潜在的な願望や悩みを解決することで、結果的に120%の満足を与えることができます。

この120%の満足を追求し続けることでソーシャルメディアでも大きくシェアされて、ナチュラルな被リンクが集まるウェブサイトに成長し、結果、検索上位に表示される…このような成功のロジックを作っていくことが本来のSEO対策であると私たちは考えています。

No!スパム!

2011年辺りまでは大量のリンクを作成すれば、その内容に関わらず検索結果の上位に表示させることも可能でしたが、パンダアップデートやペンギンアップデートなどの種々のアルゴリズムアップデートにより、ユーザーに利益を与えないこのような表示順位状況は是正され、低質なリンク供給による順位操作の手法は通用しなくなりました。
ネクストSEOは18年超の施策実績で蓄積されたノウハウをベースに、アルゴリズムの変化を読み解き、常にGoogleのガイドラインに準拠した最新の対策手法にアップデートし続ける恒久的なSEO対策をご提供いたします。

業界初!検索流入増にフォーカスした成果報酬プラン

従来のSEO対策では指定検索ワードの順位にフォーカスした定額プランや成果報酬プランが主流でした。そのため、お客様も一つのワードでより多くの検索流入が見込まれるビッグワードをチョイスされる例が多く見られました。
一方、一つのビッグワードより、具体性の高い複合ワード、ロングテールワードのほうがコンバージョンに繋がりやすいのが実情です。
つまり、ビッグワードで10,000人の検索流入を図るより、複数の具体性の高い複合ワード、ロングテールワードで10,000人の検索流入を図るほうがコンバージョンに繋がりやすく、成果が上がり始めるまでの時間的観点でもアドバンテージが高いと言えます。
しかしながら、従来のワード毎に費用が発生するプランでビッグワードに匹敵する流入数を複合ワード、ロングテールワードで実現するには、費用対効果の面で躊躇せざるを得ないのが実情だったかも知れません。
ネクストSEOでは、検索順位の向上は手段であり、それが最終目的とは考えていません。コンバージョンにコミットする、というスタンスのもと、対策ワード数の制限なく、検索流入数にフォーカスしたプランをチョイスいただくことも可能です。

コンテンツ対策

SEO コンテンツ対策

コンテンツ対策とは、「ユーザーや潜在ユーザーにとって有益で説得力のある情報の創造」に他なりません。
その成否の鍵は、ユーザーの求めている情報、付加価値の提供、新しい視点で気づきを与える情報、そして潜在ニーズを引き出す情報の発信にありますが、多くの場合、それらが何か分からない、というのが現状ではないでしょうか。

ネクストSEOでは、下記の各ステップでユーザーの欲求を満たすコンテンツやテーマを発掘し、作成と実装のご提案を行います。網羅的かつ深堀がなされたコンテンツで、サイトへの集客を支援します。コンテンツマーケティングの改善ポイントを抽出し、サイト内でのコンテンツ品質のみならず、パフォーマンスの低いページ内の修正提案も行います。

コンテンツ作成が困難なお客様へは、弊社にての記事作成(別途費用)も可能です。

コンテンツの問題点抽出と改善

「流入キーワード」と「キーワードの平均CTR(クリック率)とお客様のサイトでのCTR」の比較から改善すべきページを抽出し、titleタグやdescription等、主要タグの修正と併せコンテンツ自体の改善を行います。

流入改善に効果的なキーワードの発掘とコンテンツ作成

検索クエリと各ページの整合度を調査し、流入増に繋がるキーワードを発掘します。
また、競合サイトの対策ワードとワードの収益性を調査し、見落とされているロングテールワードを発掘します。
そして、発掘されたワードのテーマに合わせたコンテンツを作成します。

Check! 内部チューニングの詳細は内部対策でご覧いただけます。